●髪を傷めない為には薬剤を正しく選択し使用する事によってパーマによる髪の痛みは軽減する事が出来ます
 パーマは処理剤が非常に重要な役割をしています。パーマ剤をつける前の段階での前処理と、
 パーマをかけている途中の中間処理と、かけ終わった後の後処理と、
 それぞれの工程での処理をしっかりと行う事でダメージケアをする事が出来ます
 そして、最も大事なのは髪に合ったパーマ剤をしっかりカウンセリングによって選ぶ事です
 ダメージを出す一番の要因はパーマ剤です。パーマ剤がお客様の髪に合っていないと傷みが生じ、
 セットしづらい髪形になってしまいます。Shinでは、お客様一人一人に合った薬剤の選定を行っております

●クリープパーマとは
 刺激の弱い薬で極力毛髪にダメージがかからないクリープパーマ
 巻髪のような弾力のあるパーマ
 ロングヘアー、パーマのだれやすい人、かかりずらい人、すぐとれてしまう人、おすすめします